日本語コミュニティ

ご利用にあたり
一般的な議論に適さない案件やTIからの 回答を希望される場合は、 コミュニティではなく日本TI技術お問い合わせ窓口にご連絡ください。
皆さんが気持ちよく利用いただくために、質問に答えてくれた人には、 回答確認を返しましょう。

    • Jan 9, 2018

    HEV/EVアプリケーションでの電圧および電流センシング

    車載 システムにおける半導体部品の急速な増加により、各サブシステムの主要な電圧や電流を管理する必要性が高まっています。電源電圧、負荷電流、または他の重要なシステム機能を監視することは、障害状態を示し、致命的な障害を防止し、エンド・ユーザーを被害から守るために役立ちます。 ハイブリッド自動車(HEV)および電気自動車(EV)には、内燃機関によって駆動される従来の自動車と比較して、いくつかの明確な課題があります。HEVおよびEVには、電圧や電流の監視を必要とするシステムが多く搭載され、これにはオンボー...
    • Jan 9, 2018

    CMOS技術によって車載アプリケーション用ミリ波センサの消費電力を最小化

    利用するドライバーが増え続けている先進運転支援システム(ADAS)は、より正確なセンシングのニーズを満たすために車載レーダ・センサを利用していますが、これらのセンサの消費電力と放熱は極めて重要な考慮事項となっています。放熱は、センサに必要なヒートシンクや筐体のコスト、および無線周波数(RF)の性能に直接関係します。一般に、消費電力が低いほど、高価な筐体の必要性は減ります。RF性能(雑音指数や位相ノイズによって示される)が優れているほど、より遠距離の物体を適切に検出できます。 既存のレーダ・ソリュ...
    • Dec 22, 2017

    様々なドローン機能を支援する超音波センサ

    最近、商用ドローンの人気が高まりつつあり、目を見張るような映像の撮影や、救援物資の輸送、レースにも使用されています。ほとんどのドローンでは、自動飛行、衝突検知など様々な機能を実現するために多様なセンシング技術が用いられています。その中でも超音波センシングはドローンの着陸、ホバリング、地上追跡の支援に利用されています。 ドローンに備わる着陸支援は、ドローンの最下面から地上までの距離を検知し、その場所が着陸できる安全な場所であるかを確認し、ゆっくりとドローンを下降させる機能です。GPSモニタリング...
    • Dec 19, 2017

    ナノパワーの電力バジェットで高精度の計測を実現する方法:ナノパワー・オペアンプにおけるDCゲイン

    オペアンプ の高精度と高速性能は、消費電力に直接関係します。電流消費を削減することでゲイン(利得)帯域幅が減少する一方、オフセット電圧の減少により電流消費は増加します。 オペアンプの電気特性間に生じるこのような作用の多くは、互いに影響します。ワイヤレス・センシング・ノードや IoT 、 ビル・オートメーション などのアプリケーションで低消費電力化のニーズが高まる中、消費電力を極力抑えたエンド機器で最適な性能を確実に引き出すために、これらのトレードオフを理解することは不可欠です。今回は、高精度なナノパワー...
    • Dec 14, 2017

    25セントの低価格で25の機能を提供: パルス幅変調

    設計で使っているLEDが明るすぎたり、負荷に供給される電圧量を制御したり、あるいはモータの回転速度や距離を変えたりといった課題は、パルス幅変調(PWM)出力を使用して解決できます。PWMは、タイマの周期からデューティ・サイクルを生成し、変更可能な矩形パルスを生成します。この矩形パルスは、LED操作、電源レギュレーション、通信プロトコル構築、可変信号生成などの幅広いアプリケーションに使用できます。専用ICを利用する代わりに、『MSP430™』ファミリのマイコンを使用することで、これら...
    • Dec 11, 2017

    ベンチトップ試験機器で高精度のデータ収集を実現する方法

    デジタル・マルチメーター(DMM) は、あらゆるエレクトロニクス・ラボで中心的な役割を担う機器ですが、電子機器の精度が向上し続ける中で、電流、電圧、抵抗などのパラメータをすばやく正確に測定できるDMMの必要性も高まっています。そのため、DMM内のデータ収集システムを改良して、より高精度の測定を実現しようというニーズが常に存在します。データ収集システムの中核となるのが、入力信号をデジタル化してホスト・プロセッサに送信する アナログ/デジタル・コンバータ(ADC) です。 この記事では、ADCの中でDMM...
    • Dec 8, 2017

    25セントの低価格で25の機能を提供:通信機能

    家庭用エンターテイメント・システムやホームセキュリティ・システムのデバイスから、自動化された工場の複雑なシステムにいたるまで、私たちが毎日使用している電子システムは、相互に通信し、中に入っているさまざまなノードに情報を中継する機能が必要となります。 TIの『MSP430™』バリューライン・マイコン・ファミリは、他のさまざまなペリフェラルを使用しながら、通信機能とシグナル・プロセシング機能をすべて1つのICに統合しています。 『MSP430』バリューライン・マイコン TechNoteシ...
    • Dec 5, 2017

    ハードウェア・レベルでのWi-Fiセキュリティの強化

    IoT(Internet of Things)の設計者はおそらく多くの場合、セキュリティに関して、より少ないコストや労力でより多くのことを成し遂げるよう求められ、乏しいシステム・リソースや限られた経験の中で、増え続けるさまざまな脅威から製品を保護するための新しい方法を常に模索していることでしょう。 この記事では、そのような苦労が現実のものであることを理解したうえで、IoTのセキュリティで最も重要性の高いいくつかのリスクの概要を示し、それらの対処方法に関してよく誤解されている点について説明します。...
    • Dec 5, 2017

    センシティブな試験・測定システムにおける性能強化

    高性能の試験・測定機器を製作する際に、基板にどこから電源が供給されるかについて考えることはあまりないでしょう。しかし、信じ難いかもしれませんが、電源は、その供給先となる高性能な逐次比較型(SAR)A/Dコンバータ(ADC)の性能に多大な影響を与える場合があるのです。電磁気干渉(EMI)に対して最適化された電源を使用することは、データ収集システム、半導体試験機器、スペクトル・アナライザ、オシロスコープなどさまざまなアプリケーションで非常に重要な要件となることがあります。 標準的な降圧コンバータの代...
    • Dec 5, 2017

    産業用バッテリに対して適切なチャージャを選択する方法

    バッテリ技術の進歩による小サイズ化と大容量化に伴い、バッテリ駆動のデバイスは消費者向け製品だけでなく産業用システムにも見られるようになっています。設計者として考慮すべき最も重要な問題の1つは、充電システムの制御方法です。マイクロプロセッサ制御のチャージャと、スタンドアロン・チャージャのどちらを使用すべきでしょうか。 最も一般的な2つの制御方法は以下の通りです。 I2C(Inter-Integrated Circuit)制御: I2Cバスは、マスター・デバイス(1つまたは複数)とスレーブ・デバイ...
    • Dec 4, 2017

    Power Tips #76:フライバック・コンバータ設計の検討事項

    フライバック・コンバータには、コスト最小の絶縁型パワー・コンバータ、複数出力電圧への対応が容易、シンプルな一次側コントローラ、最大300Wまでの給電など、多くの利点があります。フライバック・コンバータは、テレビから携帯電話用充電器、電気通信、産業用アプリケーションまで、多くのオフライン・アプリケーションに使われています。その一方で、フライバック・コンバータは、その設計を経験したことのない人にとっては特に、基本動作が手ごわそうに見え、設計の選択肢も多岐にわたります。DC53V入力から12V 5Aを...
    • Nov 27, 2017

    車載レーダ・システムが24GHzから77GHzに移行している理由

    最近、新しいモデルの自動車を運転した方なら、自動緊急ブレーキ、クロス・トラフィック・アラート、車線変更支援などの 先進運転支援システム をおそらく利用されたことがあるのではないでしょうか。しかし、自動車がどのようにして、正面衝突を避けるために停止するタイミングを知るのか、考えたことがあるでしょうか。または、どのようなシステムが、目的の車線がふさがっているときにドライバーが車線変更するのを防いでいるのでしょうか。さらには、駐車スペースからバックで出るときに、自動車はどのようにして、他の車が近づいている...
    • Nov 22, 2017

    MSP430FR2433 MCU LaunchPad™ 開発キットを特別価格$4.30でご提供!

    新しい MSP-EXP430FR2433 LaunchPad 開発キットが TI ストアで販売開始されました。 2017 年 12 月 31 日までの間、クーポン・コード『 NewMSP430LP 』を使用して注文すれば、この新しい LaunchPad キットを $4.30 でご購入いただけます(通常価格は $9.99 )。数量限定でのご提供であり、クーポン使用での MSP-EXP430FR2433 LaunchPad キットのご購入は最大 2 キットに限らせていただきます。 こちらから今す...
    • Nov 22, 2017

    25セントの低価格で25の機能を提供:マイコンを使用した単純な機能強化の概要

    価格が25セントのマイコンを持っていたら、0.5KBのメモリで何ができるでしょうか? これまでの長い間、皆さんは固定機能のICを使用し、状況に応じて限られた柔軟性を受け入れてきたのではないでしょうか。単純なUART(Universal Asynchronous Receiver Transmitter)-SPI(Serial Peripheral Interface)間ブリッジに、リセット・コントローラまたは外部リアルタイム・コントローラ(RTC)とバックアップ・メモリの組み合わせは、それぞれ...
    • Nov 17, 2017

    スマート・ロボット: 将来の工場におけるロボティクスおよび機械学習について

    ロボットはすでに数十年間にわたって製造環境で使用され、自動車からコンシューマ製品まで幅広い産業に変革をもたらしてきました。従来の産業用ロボットは安全な防壁内で動作しますが、新世代のロボットは、工場や倉庫内で学習を重ねながら作業員と連携して動作するように設計されています。革新的な半導体技術とインターネットに基づく人工知能により、これらの機械は自身のパフォーマンスを向上させ、高度な製造の基盤となっています。 こちらの動画 では、TIの技術革新アーキテクトであるステファニー・ワッツ・バトラー (Ste...
    • Nov 14, 2017

    スマート・ファクトリを支えるIO-Link

    IoTは、単にインターネットに対応したデバイスを互いに接続するだけではなく、データをやり取りし、共有することで私たちの生活の質を高めてくれます。次世代の産業革命を意味する用語「インダストリ4.0」は、工場の自動化を表し、データが容易にやり取りされるファクトリ・オートメーションとスマート・ファクトリの構築を体言し、工場が最大限の効率で稼働し続けるよう環境を整えます。IO-Linkは、スマート・ファクトリ化の実現の上で重要なインターフェイスとなります。 最近の工場は、製造されている製品の品質向上や購...
    • Nov 13, 2017

    最新IO-Linkトランシーバ、業界で最も低い残留電圧、低消費電力、低温度を実現

    テキサス・インスツルメンツはこのほど最新IO-Linkトランシーバ『 TIOL111 』およびデジタル・アウトプット・スイッチ『 TIOS101 』を発表しました。 コンパクト・サイズのIO-Linkトランシーバ『 TIOL111 』は、IEC、ESD、EFT、サージなど、すべての保護回路を搭載し、業界で最も低い残留電圧、低消費電力、低温度を実現しさらに、SIO デバイスであるデジタル出力スイッチ『 TIOS101 』との互換性もあります。『 TIOL111 』および『 TIOS101 』は業界最小のボディーサイズかつ...
    • Nov 10, 2017

    新型マルチスイッチ検出インターフェイス製品『TIC12400』と『TIC12400-Q1』:より小型かつ効率的な設計のための内蔵機能

    ボディ・コントロール・モジュール(BCM)は、ドアロック、ウィンドウ、チャイム、閉センサ、車内外の照明、ワイパー、方向指示器など、車両の快適性、利便性、照明に関連する多数の機能を管理する電子制御ユニットです。具体的には図1に示すように、BCMは各種のドライバ・スイッチを監視し、車両内の対応する負荷への電力供給を制御しています。 図1:BCMのブロック図 代表的なBCMは、車載用12Vバ...
    • Nov 2, 2017

    スマートシティを実現するミリ波センサ

    国連が発表した報告 によれば、世界の人口は2050年に現在よりも20億人増加して91億人に達すると予測されています。世界的に現在進行している都市部への人口移動は、今後も加速が続くとみられます。事実、都市部に居住する世界の人口の比率は、現在の49パーセントから70パーセントに上昇すると推定されています。 こうした都市部では、地理的なスプロール現象と、耕地、水、エネルギーなどの資源不足の拡大との間の最適バランスを見出す必要があります。都市計画者はこうした課題への対応のために技術の導入を急速に進めてお...
    • Nov 2, 2017

    BCM設計をサポートする車載用製品『TIC10024-Q1』『TIC12400-Q1』の登場

    安全性、運転支援、ドライバ情報など、車載電子機器の機能が増え続ける一方で、車両全体でさらにきめ細かい電子制御を求める傾向も加速し続けています。快適性、安全性、装備、カスタム化された乗車体験に関連する機能は日々その数を増し、車載電子システムへの要求も同様に増加しています。 ボディ・コントロール・モジュール(BCM)は、信号を利用して、車内のさまざまな機能を連携して動かします。ドアロック、チャイム制御、車内/車外灯、セキュリティ機能、ワイパー、方向指示器、電源管理をはじめ、数多くの機能を管理していま...
    • Oct 27, 2017

    TIのBluetooth Low Energyソリューション、車載システムの自動化を実現

    両手に荷物をかかえた状態でクルマに乗り込もうとしたときに、鍵をどのように取り出すか困ったことはありませんか。そんなときにサポートしてくれるのが、あなたが持っているスマートフォンです。 あなたの携帯電話とクルマはBluetooth® Low Energyテクノロジで接続されます。人がクルマに近づくと、どれくらいの距離、および、どの方角から近づいているのかを直ちに検知します。クルマに近づくと、エクステリア・ライトが点灯し、携帯電話を通じてドライバーの身元が認証され、自動的にドアの鍵を開けて...
    • Oct 20, 2017

    TIのDLPテクノロジによる高解像度HUDを搭載したリンカーン・コンチネンタル・セダン登場

    15年の空白を経て、新しいリンカーン・コンチネンタルが登場します。このプレミアム・モデルには、技術パッケージとして提供されるDLP®テクノロジを使用した独自の新しいHUD(ヘッド・アップ・ディスプレイ)を含む、いくつかの先進的な機能を備えています。 本来、航空機向けに開発された技術であるHUDは、現在、ミドル・クラスからプレミアム・クラスに採用されています。このシステムにより、ドライバーは運転中に視線を維持しながら、自動車のフロントガラスに画像を投影し、運転関連情報を見ることができます。...
    • Oct 13, 2017

    GaNの信頼性標準を定める画期的な出来事

    スペースの削減と増加する消費電力需要という課題に直面した設計エンジニアは、GaN技術を採用しています。新たなトポロジ、スイッチング周波数、磁気設計オプションを活用することにより、GaNは従来以上の水準の電力密度および効率を実現しました。しかし、これらのデザインは、MOSFETを使って、業界が求めるような信頼性、入手可能な実証済みソリューション、およびコスト・パリティが必要となります。 TIは、過酷な動作条件下でGaNデバイスの長時間にわたる信頼性の高い動作と寿命を実現する 包括的なメソドロジ の開発...
    • Oct 6, 2017

    グリッド用のイーサネット冗長性プロトコル

    自己調整型のサーモスタットから音声起動のアプライアンス、さらには自動化された工場まで、テクノロジーは日々ますますスマートになっています。これらのテクノロジーはすべて、電力を供給するグリッド・インフラの信頼性に依存しています。電力会社のコントロール・センターは、各変電所とすばやく通信を行い、グリッド上での電力の流れを確実に監視する必要があります。情報をやり取りするための方法の1つは、イーサネット冗長性プロトコルを使用することで、これはネットワークに障害が発生した場合でも情報が目的の宛先に届く可能性...
    • Oct 6, 2017

    電子ドア・ロックのゲートウェイを通して始めるIoT生活

    モノのインターネット(IoT)の新しい世界へと踏み出す過程の中で、各企業や家庭ではクラウドを通じて資産を保護することに、より高い信頼感を覚えるようになっています。電子ドア・ロック(eロック)は、IoT生活という新時代へのまさに入口となります。 ロックや鍵は何世紀にもわたって使われていますが、家庭やビルのセキュリティや制御のために、より高いレベルへと進化するときが訪れています。自宅やビルに誰が出入りしているかを監視でき、何キロも離れた先から指先のタッチ1つですべての動作を制御できるような世界を想...