車載アプリケーションにおけるLINの役割:車内360°ツアーで体験


自動車の様々な場所に最大80個の個別のLIN(Local Interconnect Network)モジュールが設置されています。このモジュールのおかげで、運転者や同乗者、さらに車内の荷物までが、多くの恩恵を得ていることをご存知でしょうか?私たちの多くは、これらのモジュールの背後に何があるのか知らぬまま日々使用していますが、実は様々な機能の実装に役立っています。CAN(Controller Area Network)バス標準と比較した際、高い安全基準が求められていないアプリケーションに低コストで容易に実装できることから、車載アプリケーションにおけるLINの採用率は高まっています。

最新の自動車の車内を覗いて、どこにLINを使うことができるのか見てみましょう。下記イラスト画像をクリックすると、車内の360°バーチャルビューが起動し、LINで実現する機能を見ることができます。ページが開いたら、手動でスクロールしながら車内を見回すと、LINが使用されている場所(赤いアイコン)を容易に特定できます。そのアイコンをクリックすると、TI製品のブロック図やリファレンス・デザインなど追加情報を見ることができるので、LIN技術についてさらに詳しく学ぶことができます。

360°ツアーを体験しましょう

  • 下記のイラスト画像をクリックすると、ランディングページが開きます。
  • カーソルを使用することで、車内全体を見渡すことができます。
  • インタラクティブ・アイコンをクリックすれば、LIN技術の解説を見ることができます。
  • ロード時間を短縮し、最善の結果を得られるように、ブラウザのタブは全て閉じて下さい。
  • ロード中に問題が発生した場合は、別のブラウザで試して下さい。

参考情報

※すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

※上記の記事はこちらのBlog記事(2018年3月1日)より翻訳転載されました。

* ご質問はE2E 日本語コミュニティにお願い致します。