スマート・ロボット: 将来の工場におけるロボティクスおよび機械学習について

 ロボットはすでに数十年間にわたって製造環境で使用され、自動車からコンシューマ製品まで幅広い産業に変革をもたらしてきました。従来の産業用ロボットは安全な防壁内で動作しますが、新世代のロボットは、工場や倉庫内で学習を重ねながら作業員と連携して動作するように設計されています。革新的な半導体技術とインターネットに基づく人工知能により、これらの機械は自身のパフォーマンスを向上させ、高度な製造の基盤となっています。

こちらの動画では、TIの技術革新アーキテクトであるステファニー・ワッツ・バトラー (Stephanie Watts Butler)とTIのチーフ・テクノロジストのアハマド・バハイ(Ahmad Bahai)が、最新ホワイトペーパー「自律産業用システムを支える機械学習」よりトピックを紹介しています。ここでは、機械がどのようにして、周囲の実環境との相互作用から学習し、人間と連携して作業し、自動車製造からスマート・ファクトリまでさまざまなアプリケーションに影響を与えることができるのかを考察しています。

バハイは次のように語っています。「現在、ロボットは私たちの生活の一部です。工場、組み立てライン、医療機関、ときには家庭でも、人間と肩を並べて働こうとしています。ロボットがそのような環境で働くためには、多くの知性と、多くのセンシング能力が必要になります。現在のテクノロジは、ほんの数年前には想像もできなかったようなアプリケーションを実現するのに十分なほど、効率が向上し、コストも低下しています」

※すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

上記の記事は下記 URL より翻訳転載されました。

https://e2e.ti.com/blogs_/b/thinkinnovate/archive/2017/10/17/smart-robots-machine-learning-drives-collaboration-continual-improvement

*ご質問は E2E 日本語コミュニティにお願い致します。