レーダー技術が車内センシング市場に変化をもたらす3つのトレンド


レーダー・センサは、車両が周囲の環境を検知する方法だけでなく、車内に何が置かれているか、誰が乗っているかを検知する方法にも変化をもたらしています。例えば、後部座席に置き去りにされた子供や健康上の問題を抱えたドライバーを検知できる自動車や、状況を改善するための処置を講ずるよう設計されたシステムを想像してみてください。

固体を透過して他の物体を検知できるレーダーの能力により、置き去りにされた子供の検出、在席状態の監視、ドライバーのバイタル・サインの評価などを、これまで以上に高い精度で行えるようになります。

この技術記事では、より多くの自動車メーカーがレーダー・センサへと関心を向けている中で、車内センシング市場における3つのトレンドについて詳しく考察します。

トレンドその1:幼児置き去り検知の先を行く機能

ヨーロッパ新車アセスメント・プログラム(Euro NCAP)などの規制機関に準拠するために、自動車メーカーはレーダー・センサを使った幼児置き去り検知機能の実装に取り組んでいます。しかし、それで満足するわけではありません。 

このビデオでは、1つのレーダー・センサが車内にいるすべての人の位置を検出して特定し、後部座席にいるのが大人か子供かを分類して、それぞれの人のバイタル・サインを追跡する方法を示しています。