MSP432 イベントドリブン 速度性能 [msp432info soft]


下記に掲載したexample Event_read() の速度性能が遅いので改造して、速度性能を調べました。

MCLK=24MHz、LDO_Vcore1、最適化設定なし の条件です。 測定値は目安としてお考えください。

MSP432 イベントドリブン example

MSP432 LPM0とLPM3のwait切り替えexample 


** さらに、compiler optimaization 設定で大幅に性能改善した結果を、下記に追加いたしました。

MSP432 イベントドリブン optimization

 

 

1 EventLib改善

 

1.1 変更点

 

・ MSP432P401IRQnmax640~63)のため、event64バイトサーチ部分の時間がかかりすぎていました。

・ eventをビットに変更して、16bits4ビット8bit単位のビットサーチに変更しました。

 

1.2 速度測定

 

・ IRQn0~63 を16ビット単位でLSBからサーチするので、IRQn15,31,47,63が長くかかります。

  実際は、8bit単位に分割して速度upしてあります。

・ 3項添付のTest_event2を使用して、Event_read(irqn):IRQn0~63を測定した結果は、6~11us

  eventなしは4usです。 これらがeventディスパッチのオーバヘッドになります。 (訂正:Dec.21.2016)

 

 

 

2 マルチイベントの動作

・ 3項添付の Event_lpm30_2で測定した結果です。

 

2.1 LPM3からのWake-up

 

・ LPM3ではFlashSRAMなどのVCC供給が停止していますので、delayが生じます。

・ LPM3 sleepからWDT interruptwake-upして、Event処理が再開されるまでのdelay 8usでした。

 

 

2.2 マルチイベントの測定結果

 

・ 複数ペリフェラルを並行動作させたときの、イベントディスパッチの速度を測定しました。

・ 処理の流れは、下記になります。

1) WDT1秒割り込みでLPM3からwake-up

2) Event_readWDT ISRイベントを見つけ、(switch文で)WDTブロックへ遷移

3) WDTブロックでは、TA0ブロックへEvent_sendstart要求を送り、P5出力->P6へ割り込みを発生

4) Event_readTA0イベントを見つけ、TA0ブロックへ遷移

5) TA0ブロックでは、LPM0要求をしてからTA0start

6) Event_readP6 ISRイベントを見つけ、Port6ブロックに遷移

7) P6ブロックでP6IFG情報を受け取り

8) Event_readで、イベント無を検知し、LPM0TA0が要求)でsleep

 

・ タイミングの実際は、3)->4)6)はイベントが重なって起きていますが、シーケンス処理になっています。

 

 

 

3 example

5611.Event_test.zip