MSP430 イベントドリブンの移植  [msp430info soft]


  • MSP 432 イベントドリブン 速度性能」のexampleをMSP430 FR5969に移植して、性能を測定しました。
  • EventLibは、Cの標準命令で作成されていますので、どのマイコンにも移植が可能です。
    EventLibの機能については、下記をご参照ください。

MSP432 イベントドリブン example
MSP432 LPM0とLPM3のwait切り替えexample

 

1 FR5969 EventLibの性能測定

 

  • 末尾添付example FR5969_test_event2を使い、Event_read(irqn):IRQn:0~63を測定し、MSP 432P401と比較した結果は下記の通りです。FR5969では、Optimization level:0(default) -> 1(Local)でも、大きな変化は有りません。

MPU

Event_read  eventあり

Event_read   eventなし

Event_send()

MSP432 P401R 24MHz

3~4.5us

2.5us

2us

MSP430 FR5969 16MHz

7~11us

4us

6us

 

 


 

2 マルチイベント処理の測定結果

 

  • 末尾添付のexample:FR5969_Event_lpm30_2を使い、動作を測定した結果は、
    緑パルス:最初のEvent_read()開始から最後のEvent_read()終了まで56usでした。
    MSP432 P401R 24MHz optimize では32usです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 example

 

FR5969_test_event2.zip

 

・ 補足: MSP 430では、IRQnは定義されていませんので、FR59_driver.hにて定義しています。

 

以上