• Dec 13, 2016

    MSP432 LPM0とLPM3のwait切り替えexample [msp432info soft]

    ・ ほとんどDIOやRTCからの割り込みを待機するシステムでは、省電力モードのLPM3で待機するのが得策です。   しかし、Timerなどのクロックを使用するペリフェラルを動作させるときはLPM0で待機する必要が有ります。 ・ このような、LPM0とLPM3の待機が混在するときに、簡潔にLPM0/3の切り替えを制御する例を説明します。   exampleのプログラムは、下記で説明しましたイベントドリブン構造で作成して有ります。    MSP432 イベントドリブン example E...
    • Dec 7, 2016

    MSP432 イベントドリブン example [msp432info soft]

    ・ ISRからアプリケーションに、イベントを通知するexampleについて、説明します。 ・ 過去にも、MSP430向けに下記のexampleを投稿していますが、仕組みを大幅に簡素化しました。    複数ペリフェラルを並行動作させる方式 ・ LPM0とLPM3を切り替えてsleepする方法は、下記に掲載しました。    MSP432 LPM0とLPM3のwait切り替えexample 1 概要 ・ 複数のペリフェラルを並行動作させているアプリケ...
    • Nov 25, 2016

    TIマイコンを活用した革新的なアプリケーション事例:TIマイコン設計コンテストの応募作品から (2)

    テキサス・インスツルメンツ・インドでは、エンジニアの技術的な知識を向上させるため、TIのマイコンを活用して設計したアプリケーションを募集するコンテストを実施しました。多くの応募がありましたが、ここではその中から、革新性に富み、日本の設計者の方々のアイディア作りに役立つ設計プロジェクトとして次の3つの応募作品を選び、詳しく解説します。 設計のヒントとしてお役立てください。 &nb...
    • Nov 25, 2016

    TIマイコンを活用した革新的なアプリケーション事例:TIマイコン設計コンテストの応募作品から (1)

    テキサス・インスツルメンツ・インドでは、エンジニアの技術的な知識を向上させるため、TIのマイコンを活用して設計したアプリケーションを募集するコンテストを実施しました。多くの応募がありましたが、ここではその中から、革新性に富み、日本の設計者の方々のアイディア作りに役立つ設計プロジェクトとして次の3つの応募作品を選び、詳しく解説します。 設計のヒントとしてお役立てください。 &nb...
    • Nov 14, 2016

    デュアルバンド接続によるワイヤレス・センサ・ネットワークの管理法

    ビル・オートメーションなどの IoT アプリケーションの最新のトレンドの 1 つがスマート機能の向上です。これにともない、接続対象が増加するとともに、システムのプロビジョニングとメンテナンスの複雑性が増していることが、大きな技術的課題となっています。 センサ・ネットワーク導入とメンテナンスを簡素化し、コストを低減することは産業機器市場で重要な要件の一つとなっています。 Sub-1GHz をコネクティビティ・リンクとして採用 すれば、2.4GHz の採用時に比べ、スペクトラムの混雑解消、屋外...
    • Nov 10, 2016

    小サイズで、高性能

    日々、メモリ容量とピン・カウントの増加が続く中で、たった数 KB のメモリを搭載したマイコンの開発を継続していくことに対し疑問の声が上がるかもしれません。答えは簡単です。標準ロジックやその他のアナログ回路を代替する低消費電力マイコンを使ったアプリケーションは多数存在します。こうしたマイコン・ベースのソリューションは多くの場合、新しい機能とフレキシビリティを提供し、設計に新たな価値をもたらします。 例えば、温度センサを A/D コンバータ(ADC)に接続し、数行の制御コードによりシンプルな温度コ...
    • Oct 25, 2016

    ヘルス・モニタリング・デバイスに大きな影響を与えるマイコン

    フィットネス製品市場では、何年も前にリストバンド型ヘルス・モニタが登場しその後、スマートウォッチが現れ、より先進的な健康に関するデータをより多く集めることができるようになりました。今や、遠隔医療が着実に普及してきています。実際、遠隔医療はリモート・ヘルス・モニタリング・デバイスにかなり依存し、将来のヘルスケア・コストを削減するための大きな可能性を持った技術であると主張する人もいます。  ヘルス・モニタ市場が成長するにつれ、機能とリソースが特別に組み合わされたマイコンは、製品開発を容易にし、この...
    • Sep 29, 2016

    スマート・ホームやビルディング・オートメーション向けのWi-Fi + Bluetooth low energy対応ゲートウェイ

    スマート・ホームやスマート・ビルディングについて、どのようなビジョンをお持ちですか?そして、そのビジョンをどのように実現しますか?本稿では、TIの WiLink™ 8 Bluetooth ®low energy +Wi-Fi®コンボ・モジュール製品 (WL183x) と、利用可能な ハードウェアとソフトウェア を使ったワイヤレス・ゲートウェイを迅速に設定できるよう、同システムの使用例をご紹介します。 ビルディング・オートメーション...
    • Sep 20, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 25. リアルタイム・クロックとは何ですか? マイコンの時計機能について教えてください。

    ●リアルタイム・クロック(RTC)とはどんなものか Q:マイコンの機能で、リアルタイム・クロックという名前のものがありますが、これはどんなものですか。 A:リアルタイム・クロックは、一言で言えば時計機能です。パソコンやスマートフォンには時分秒、年月日、曜日などを表示するカレンダー時計が必ず備わっています。これはOSが管理していて、ファイルやメールのタイムスタンプにも利用されています。ビデオレコーダなどのデジタル家電、電気釜などの白物家電にも、予約のための時計機能を持つものがあります。これらをリア...
    • Aug 17, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 24. 割り込みっていろいろあるのですか? どんな種類があるか教えてください。

    ●外部割り込みと内部割り込み Q:割り込みにはマスクできる割り込み(普通の割り込み)と、マスクできない割り込み(NMI)があると聞きました。でも、それとは別の割り込みの分類もあるそうですね。割り込みについて、いろいろ教えてください。 A:確かに、割り込みの分類はたくさんあります。その原因の1つは、割り込みというものがどんどん発展を続けていて、割り込みの定義も拡大してきたことにあります。 ハードウェア 割り込み 外部割り込み (狭義の割り込み) タイマ、汎用I/O、通信I/FなどC...
    • Aug 16, 2016

    IoTアプリケーションにサブ 1GHz を使う理由

    IoT(モノのインターネット) 市場において、かつてないほど多くのデバイスがすさまじい勢いでクラウドに接続されています。 ホーム・オートメーションのようなアプリケーションを利用することで、照明を点灯でき、所望の温度を設定し、車道に近づくと直ぐにモバイル・デバイスにあらゆる警報動作の通知を受けられるような、照明、ヒーティング、および警報システムを自宅に備え付けることができます。 今日、いくつもの異なるワイヤレス接続技術を使って、低消費電力デバイスをクラウドにつなげられるようになりました。どのワイヤレ...
    • Jul 26, 2016

    Bluetooth LEを高速化、簡素化、およびセキュアにする新しいBluetooth 4.2認証ソフトウェア

    TIは、Bluetooth® low energyのSDK(ソフトウェア開発キット)の最新版 BLE-Stack 2.2ソフトウェア をリリースしました。この新しい無償ロイヤリティSDKは、Bluetooth 4.2認証済みで、高スループット、プライバシーの強化、セキュリティの向上を含む全ての4.2コア・プロトコル・スタック機能を備えています。加えて、同SDKは簡易ネットワーク・プロセッサ機能も備えているため、Bluetooth LEのセキュアなワイヤレス接続を素早く簡単に追加して、どのよう...
    • Jul 20, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 23. NMIとはどんな割り込みですか? 割り込みの種類を教えてください。

    ●割り込みマスクとは Q:ウォッチドッグ・タイマがマイコンの暴走を検出すると、システムをリセットするか、NMIという特別な割り込みを発生すると聞きました。このNMIって、どこが特別なのですか? A:NMIというのは、ノンマスカブル割り込み(Non Maskable Interrupt)の略で、マスクできない割り込みです。割り込みを大別すると、マスクできる割り込みと、マスクできない割り込みの2種類があります。マスクできる方が普通の割り込みです。まず、このマスクという用語を説明しましょう。 CPUは...
    • Jul 12, 2016

    内蔵 ADC の機能を活用し低消費電力を実現するための 12 の方法

    設計の際に消費電力低減のために、マイコン(MCU)に搭載されている内蔵 A/D コンバータ(ADC)のすべての機能を活用していますか? このブログでは、消費電力の低減のため内蔵 ADC を活用する方法を紹介します。 今回は例として、 MSP432P401R マイコンに搭載されている、ADC14 と呼ばれる内蔵 14 ビット ADC を使用します。 ADC14 は、低消費電力アプリケーション向けに設計されており、デューティ・サイクル・アプリケーションによりターンオン時間が短縮さ...
    • Jul 12, 2016

    競合企業との差別化を可能にするマイコン内蔵 ADC のフレキシビリティ活用法 – パート 2

    筆者の最近の記事では、マイコンに内蔵されている 14 ビット A/D コンバータ(ADC)のオーバーサンプリング を実行することで ADC の性能を向上させる方法や、設計のフレキシビリティ向上につながる重要な性能特性について説明しました。 今回は、 MSP432P401R マイコン の14 ビット ADC (ADC14)の使いやすい機能について説明します。これにより、実際のアプリケーションの要件に応じてフレキシブルにカスタマイズを行うことができるようになります。 使いやすい機...
    • Jul 12, 2016

    競合企業との差別化を可能にするマイコン内蔵 ADC のフレキシビリティ活用法 – パート 1

    MSP マイコン(MCU)に内蔵されている A/D コンバータ(ADC)はプログラマブルな分解能や複数の電力モードなど高いフレキシビリティを提供しています。その理由を考えたことはありますか。 こうした高いフレキシビリティは、スタンドアロン方の ADC では通常、実現が不可能です。 MSP マイコンはさまざまなアプリケーション設計で、性能、使いやすさ、消費電力の最適化を実現し、こうした高いフレキシビリティの活用を可能にします。 最近、筆者は Analog Wire で、MSP432&tr...
    • Jul 8, 2016

    未来のリモコンの世界にようこそ!

    物理的なボタンは存在しないのに、TV/STBのユーザー・インターフェースを自在に操れるスマートなデザインのリモコンを想像してみてください。それを可能にするのが、静電容量式タッチ技術とボイス・コマンド技術です。ジェスチャー・パッドを使えば、ユーザーは簡単にメニューをスクロールし、ナビゲートすることができます。ジェスチャー・パッドは、方向を示すジェスチャーのほか、シングルタップ、ダブルタップなどのジェスチャーを検出できます。5μA未満で動作する超低消費電力のグリップ検出機能により、ユーザーがリ...
    • Jul 1, 2016

    5G-より多くの人とモノを結ぶ次世代通信

    つながることで新たな価値が生み出される、コネクテッド・ワールドやネットワーク化社会への移行が加速しています。2013年時点で、世界人口の96%以上が携帯電話を利用し、発展途上国の人口の74%以上がモバイル・ブロードバンドを利用していました。2019年までにワイヤレス・データ・ネットワークのトラフィックはさらに10倍増えると予測され、地球上のほとんどの人がモバイル・サービスを利用するようになります (1,2) 。 躍進するM2M(マシン・ツー・マシン)通信との間でも大きな帯域幅の奪い合いになるで...
    • Jun 29, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 22. マイコンのウォッチドッグ・タイマって何ですか?

    ● プログラムの暴走 Q: マイコンのI/O機能の中に、ウォッチドッグ・タイマという変わった名前のものがあるのを見つけたのですが、これはいったい何ですか? A: ウォッチドッグ・タイマ(watchdog timer)というのは、万一プログラムが暴走したときに、プログラムを終了させるための特別な機能をもったタイマです。名前が長いので、略してWDTと書くこともあります。watchdogとは、「番犬」とか「監視人」という意味の英語です。プログラムが暴走していないかを、いつも見張っていてくれることから、...
    • May 25, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 21. マイコンのデータ格納用メモリについて教えてください。

    ● データ格納用メモリは大部分がSRAM Q: マイコンのプログラム格納用メモリはフラッシュメモリが主流だそうですが、データ格納用メモリにはどんなメモリが内蔵されているのですか? A: 大部分がSRAMと言って良いでしょう。 図 マイコンの基本構成例 Q: ここでもDRAMは使わないのですね。どうしてですか。 A: 最大の理由は、DRAM回路はマイコンの大部分を占める大規模ロジック回路とは半導体製造プロセスが大きく異なるので、マイコンにDRAMを内蔵しようとすると製造コストが...
    • May 23, 2016

    新たな産業機器市場を切り拓く TI のデュアルモード Bluetooth® モジュール

    Bluetooth® と聞いて、何を連想しますか?Bluetooth を使用しストリーミングで音楽を再生するヘッドフォンですか?あるいは、携帯電話に無線データを送信するフィットネス用ステップ・トラッカー歩数計ですか?産業用の用途についてはどうですか?Bluetooth は、オーディオ機器や携帯電話だけにとどまらず、信頼性と堅牢性が極めて重要な分野で新たな用途を広げつつあります。TI のデュアルモード Bluetooth モジュールは、低消費電力、高い柔軟性、使いやすさなどを特長としており...
    • Apr 25, 2016

    『MSP430FR2311』マイコンでどんなセンサ・ベース設計においても低消費電力レベルを実現

    低リーク電流で構成可能なトランスインピーダンス・アンプ(TIA)を内蔵した業界初のマイコン 社会全体的に、小型・軽量・高速な製品が望まれているため、開発者は性能を損なうことなく要求を満たす部品を見つけることに苦労しています。特に、設計者が使うマイコンとそのデバイスに絞り込んだ場合は、簡単ではありません。マイコンを設計者の都合に合わせて妥協することはソリューション志向とは言えません。 しかし、センシングと計測のアプリケーションにおいて部品点数を最小限に抑えることにより、1個のマイコンがPCBのスペ...
    • Apr 20, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 20. マイコンの内蔵メモリにはどんな種類があるの? 何を選べばいいの?

    ● NANDフラッシュが主流 Q: マイコンが内蔵しているメモリは、DRAMではなく、フラッシュ・メモリなのですか? A: そうですね。今のマイコンは、フラッシュ・メモリを内蔵している製品が圧倒的に多いですよ。でも、それとは違うメモリを搭載している製品もありますよ。 Q: フラッシュ・メモリが多いのですね。でも、フラッシュ・メモリというと、USBメモリとか、SSDとか、カメラやスマートフォンのフラッシュカードが代表的でしょう。それだと、DRAMの代わりではなくて、ハードディスクに似ていませんか。...
    • Mar 23, 2016

    宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎: 19. マイコンのアナログ機能って何に使うの? どんなアナログ機能があるの?

    ● マイコンのアナログ機能の用途 Q: マイコンは、0と1で表された2進数だけを扱うデジタルコンピュータですよね。ところが、「アナログに強いマイコン」があるって聞いたのですが、それはどういうことですか? A: マイコンはいろんな装置に組み込まれています。それらの装置には、アナログ機能が必要なものと、そうでないものがあります。 図 アナログ機能が必要な装置と、そうでない装置 たとえば、ボタンを押して数式を入力し、結果をLCDに出力する電卓は、基本的にアナログ機能は必要ありません。しかし、エンジ...
    • Mar 17, 2016

    Bluetooth Low Energy、ZigBee などの複数の無線規格に対応:IoT 時代を拓く超低消費電力無線通信プラットフォーム

    IoT を実現するキーデバイスとして、新しい SimpleLink 超低消費電力無線プラットフォームが登場した。Bluetooth low energy、ZigBee、6LoWPAN、Sub-1GHz、ZigBee RF4CE など複数規格に対応可能な無線通信機能、本体がスリープ中でもさまざまな外付けセンサを制御してデータ収集可能なセンサ・コントローラ機能などを統合した プラットフォームだ。 世の中に存在するあらゆるモノが自律的にクラウドにつながり、情報をやりとりしたりサービスを利用する IoT...