ミリ波レーダ・センサが実現するスマートライフ


私たちの暮らしは、日々使用するデバイスに備わるインテリジェント機能によって、街中や家の中、日々の暮らしの様々な場面で、スマート化が進んでいます。温度自動調節器やセキュリティ・システム、自動車から、都市の水道/交通管理などのマクロ・システムにいたるまで、よりスマートで互いに接続された世界が実現され、商品やサービスをこれまで以上に効率的に得ることができます。

これらのインテリジェントなシステムにおいて不可欠なのが、重要なセンサ情報を提供するミリ波技術です。TIは最近、従来のソリューションよりも小型のパッケージで高精度なセンシング能力を提供する、ミリ波レーダ・センサ・ファミリを発表しました。TIのミリ波ソリューションは、CES 2018において「スマートシティ」、「よりよい世界のための技術(tech for a better world)」、「車載インテリジェンス」、「自動運転技術」の各部門のイノベーション賞、Electronic Productsの「今年の最優秀センサ製品(Product of the Year for sensors)賞」、EE Timesの「ACE賞(センサー部門)」を受賞しています。高精度のセンシング能力を小型パッケージで提供することから、オートモーティブ、ロボティクス、インテリジェント・オートメーション、セキュリティといった、これまでサイズや信頼性、コスト面から他のソリューションを選択せざるを得なかった様々なアプリケーションに最適なソリューションとなります。ミリ波技術によって、私たちの暮らしは、街中から家の中まで、日々よりスマートになっているのです。

スマートシティ
今日の都市ではすでに、インテリジェンスに関して大きな飛躍を遂げています。しかし、効率性と生産性を最大化するには、まだ長い道のりがあります。ミリ波技術を統合することで、よりスマートにリソースを管理でき、都市居住者は必要なときに正確に商品やサービスを受けられるようになります。自動車がよりスマートになり、自動運転が少しずつ現実になることで、都市インフラも、よりスマートに自動化される必要があります。これは交通渋滞を減���すだけでなく、効率よく駐車スペースを見つける手助けにもなります。