This thread has been locked.

If you have a related question, please click the "Ask a related question" button in the top right corner. The newly created question will be automatically linked to this question.

MSP430 JTAGインターフェイス のトラブル回避 [ jtag trouble ]

Expert 6930 points

Replies: 0

Views: 3014

下記のドキュメントに接続とNoteの記載があります。 お客様ボードを開発する前にご確認ください。
MSP430 Hardware Tools User's Guide SLAU278

質問も多いので、上記ドキュメントの留意ポイントを下記に補足します。

1 JTAG配線

1) 4-wire
 Figure 2-1. Signal Connections for 4-Wire JTAG Communication

2) 2-wire
① Figure 2-2. Signal Connections for 2-Wire JTAG Communication (Spy-Bi-Wire)
  Used by MSP430F2xx,MSP430G2xx and MSP430F4xx Devices
② Figure 2-3. Signal Connections for 2-Wire JTAG Communication (Spy-Bi-Wire)
   Used by MSP430F5xx and MSP430F6xx Devices

 ただし、①でもFuse切断しないなら、TEST/Vppの配線が不要なので、
 Figure 2-2 --> Figure 2-3 と同じになります。

2 JTAG信号
 信号名称は、14pin-JTAGコネクタ側信号名を主体に説明します。

1)4-wire

① JTAG基本4信号  ・・ TMS,TCK,TDO/TDI、TDI(/Vpp)
   Figure 2-1 の下記信号は読み替えて、data-seetの信号と照合します。  <--追記2014.9.3
 TDO/TDI -> TDO、 TDI/VPP -> TDI                      <--
 Vpp内はMSP430の制御用です。

② TEST
 ・ data-sheetの信号欄に TEST があるものは、4-wire/2-wire 両用サポートデバイスです。
   この信号をMSP430:TEST pinに接続必須です。
   前記①信号pinがPIOピンと共用になっており、これをJTAGに強制的に切り替えて使うために
   設けられています。 デバッガ+エミュレータが、デバッグモード時に自動制御します。
  ・    エミュレータ未接続時はopenになるようにします、内部でpull-downされています。
 ・ 4-wire専用デバイスでは(デバイス側にTESTpinがない)、接続不要です。
  
③ -RST(active:Low)
 ・ JTAGはデバイスresetのため使用しません。 resetはJTAGコマンドで行います。
 ・ 4-wire/2-wire 両用サポートデバイスで、4-wire利用時に接続必須です。
   program-loadの前にLowパルスが出て、4-wire接続かを判定するために使用されます。
   (デバッグ中は未使用です、切り離しても問題はないはずです)
 ・ 4-wire専用デバイスでは接続不要です。

2) 2-wire
 ・ サポートされているデバイスは、data-sheetの信号欄に下記があります。
    SBWTDTIO、SBWTCK
 ・ Figure 2-3. の2線配線が必須です。
    TDO/TDI  --> (-RST/NMI/) SBWTDIO  ()内は4-wireのpin表現
    TCK      --> (TEST/) SBWTCK       TESTは関係なし

  ・ LaunchPad J3 のpin読み替え
    RST =TDO/TDI --> SBWTDIO
    TEST=TCK     --> SBWTCK

3)JTAG pin 未使用時の処置
 ・ OPEN で良い  (MSP430内部でpull-up/downされている)
   正確には、各ユーザズガイド Connection of Unused Pins で確認できます。

3 外部電源使用
 ・ Figure 2-1/2/3 のJ1とJ2で、エミュレータ供給/外部電源供給を切り替えます。
 ・ 外部電源使用するときは、J1接続が必要です。
   FET430UIFは、program書き込み時の電源電圧をチェックしています。

4 その他
 ・ FET430UIFを4-wire接続しているとき、外部から-RST/NMI(active:Low)
   として使用できますが、FET430UIF内部で22KΩでpull-upされているので、47KΩ
   と並列でPull-upされることになります。
   十分に0Vまで下げないと有効にならないことに留意が必要です。
 ・ FET430UIFの参考回路図は、前記のドキュメントに記載があります。

具体的な質問がありましたら、PICへお問い合わせお願いします。

 

{ msp430info トラブル, trout, trouble JTAG ]

Kazuo Yamauchi