This thread has been locked.

If you have a related question, please click the "Ask a related question" button in the top right corner. The newly created question will be automatically linked to this question.

サポートが終了したUbuntuの使用について

TIが提供するSDKのうち、linuxホスト用のものはUbuntuを要求条件としています。

現時点のUbuntuは16.04.2LTSが最新となっていますが、過去にリリースされたSDKではサポートが終了したUbuntuが必要となることがあります。
例)ti-sdk-omapl138-lcdk-01.00.00をインストールするにはUbuntu 10.04.LTS 32-bitが必要です。

古いUbuntuは以下のURLよりisoイメージを入手し、PC/VirtualBox/VMwareなどにインストールすることができます。
old-releases.ubuntu.com/.../

Ubuntuをインストールした後に必要なソフトウエアパッケージがある場合、
apt-get コマンドを使いますがサポートが終了したUbuntu用のパッケージを入手するためには
/etc/apt/sources.listを変更する必要があります。

sources.listには
dep jp.archive.ubuntu.com/ubuntsu xxxxx
となっている行がたくさんありますが、
jp.archive.ubuntu.comの部分を全て old-release.ubuntu.com に変更し、保存します。

これによりサポートの終了したUbuntuでもapt-getでパッケージをインストールすることができます。

ただし、インストールできるのはそのバージョンのUbuntu用に用意されていたパッケージであって、
現時点での最新のバージョンのソフトウエアが入手できるわけではありません。