自律型および協調型産業用ロボットのエンジニア向けガイド


工場でロボットがより一般的になるにつれて、ロボットがよりインテリジェントで自律的、より安全で効率的なものになることが重要です。これらすべては、正確なモーター制御、高度なセンシングテクノロジー、エッジでの処理によって実現され、すべて堅牢なリアルタイム通信を備えています。これらのテクノロジーは、ロボットシステムの設計にとって重要です。

  • 正確なモーター制御により、効率と低消費電力を実現します。
  • 高度なセンシング機能と機械学習機能により、ロボットは周囲の環境と双方向のコミュニケーションをとることができます。
  • 通信インターフェースにより、リアルタイムのデータ配信が可能になります。

e-book「エンジニア向け 産業用ロボット設計ガイド」では、さまざまなロボット・アプリケーションで使用されている主要なテクノロジーについて詳しく説明しています。ぜひダウンロードして、最も洗練された自律型および協調型ロボットを設計するための情報を活用してください。

 e-book「エンジニア向け 産業用ロボット設計ガイド」をダウンロード

※すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。
※上記の記事はこちらのBlog記事(2020年3月30日)より翻訳転載されました。
※ご質問はE2E Support Forumにお願い致します。

産業用ロボットのエンジニア向けガイド