電子ドア・ロックのゲートウェイを通して始めるIoT生活

モノのインターネット(IoT)の新しい世界へと踏み出す過程の中で、各企業や家庭ではクラウドを通じて資産を保護することに、より高い信頼感を覚えるようになっています。電子ドア・ロック(eロック)は、IoT生活という新時代へのまさに入口となります。

ロックや鍵は何世紀にもわたって使われていますが、家庭やビルのセキュリティや制御のために、より高いレベルへと進化するときが訪れています。自宅やビルに誰が出入りしているかを監視でき、何キロも離れた先から指先のタッチ1つですべての動作を制御できるような世界を想像してみてください。

今これは、クラウドによって現実となっています。そして、TIのSimpleLink™で接続されたマイコン(MCU)プラットフォームを使用すれば、その現実を自宅やビルへと導入し、それを自由にカスタマイズすることができます。SimpleLink Bluetooth® Low Energyネットワーク・プロセッサとMSP432™マイコンにより、スマートフォン・アプリを使って簡単なアクセス制御やユーザー認証が可能になります。SimpleLink Wi-Fi®ワイヤレス・マイコンを追加すれば、別個のブリッジを設ける必要なしに、クラウドへの直接の低電力接続をロックに組み込むことができます。この接続性に加えて、CapTIvate™テクノロジを備えたMSP430™マイコンを追加すれば、最新型の個人用インターフェイスとして、機械的なボタンをスマートな容量性タッチ・アクセス制御パネルに置き換えることができます。 

TIの専門技術スタッフは、スマートeロックの設計で意思決定を行う際に役立つリソース、ツール、製品のリストを作成しました。これは、小型で電力効率の高いeロックのためにバッテリ寿命を延長する必要がある場合にも、音声起動や対話型ディスプレイでユーザー・エクスペリエンスをさらに高めたい場合にも役立ちます。SimpleLinkプラットフォームとMSP430マイコンは、ロック解除前に作動するビデオ・ドアベルや、煙感知器と連動する自動ロック解除など、他のホーム・オートメーション製品と接続可能なeロックの設計に役立つ、幅広い範囲のソリューションを提供します。

新しいeロックの構築を開始するためのリソースの一覧をチェックしてください。

eロックのリファレンス・デザインとアプリケーション・ノート

ブログ

ビデオ・トレーニング

eロックの設計に利用できる製品

その他のシステム・リソース

 

上記の記事は下記 URL より翻訳転載されました。

https://e2e.ti.com/blogs_/b/connecting_wirelessly/archive/2017/09/14/embrace-iot-living-through-the-gateway-of-electronic-door-locks

*ご質問は E2E 日本語コミュニティにお願い致します。